FC2ブログ

ラボでやろう。

分子模型は直観的に構造を理解することに有用です。複雑な構造を持ったタンパク質の分子模型を手軽に印刷し、研究に役立てる日が来ることを目指してブログを開始しました。※2013年9月現在、ほぼその製法を確立出来つつあります。もし自分の研究室でも、と考えていらっしゃる方は、まず川上までご連絡ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

現在の問題点。

阪大蛋白研でも3Dプリンタとタンパク質分子模型印刷のコンテンツが出来上がっていました。
こちらは第二世代Cubeを用いた分子模型印刷ですね。
Chimeraを用いれば、リボンモデル、分子表面モデルが印刷可能で、分子表面は2つに割って印刷…
このブログ初期と同じ内容になっています。写真が多用されているので楽しい情報サイトに見えます。

さきの記事で書いたように、このブログでは、Cubeからは別離します。サポート除去が大変で除去跡が汚い、ABS樹脂がほとんど使えない、樹脂コストが高すぎる、というのが大きな理由です。

現在このブログで最も重要な部分は、スティック表示や、疑水素結合など表示時のデータを印刷するときに、いかにポリゴンエラーを回避するか、という点です。これが解決すれば、ほとんどの模型が印刷可能になるはずです。

カギは、
「ポリゴンエラーを発生させないよう、3Dデータを生成してくれるビューワソフトの開発」
か、
「ポリゴンエラーを自動的に見つけてすべて修正してくれるソフトの開発、あるいは市販/無料ソフトの発掘」
です。
  1. 2013/12/24(火) 16:32:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新学術領域での活動。 | ホーム | pp3dp,Afiniaでいこう。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://handsonmolecularbiol.blog.fc2.com/tb.php/36-259e4cc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Masaru

Author:Masaru
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (41)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。