FC2ブログ

ラボでやろう。

分子模型は直観的に構造を理解することに有用です。複雑な構造を持ったタンパク質の分子模型を手軽に印刷し、研究に役立てる日が来ることを目指してブログを開始しました。※2013年9月現在、ほぼその製法を確立出来つつあります。もし自分の研究室でも、と考えていらっしゃる方は、まず川上までご連絡ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

pp3dp,Afiniaでいこう。

大学の教員が特定の企業の商品をお勧めするのは憚られますが、「現時点で」、いや、おそらく「ずっとこれまでで」、分子模型の印刷に適したプリンタは、pp3dp社かAfinia社のプリンタになります。
Cubeは確かに初心者向けで簡単、易しく、だれでも印刷を楽しむことが出来る優れたプリンタ―ですが、使っているうちに、樹脂カートリッジの価格の高さが負担になってくると思われます。
確かに、印刷はお手軽で失敗頻度も少ないのですが、キロ2万円(300g入りカートリッジが6000円)という価格設定は、他のプリンタ用に出回っている樹脂の価格(純正品でもキロ5000円程度、サードパーティ用で3000円程度)を考えると、法外に高いことがわかります。

従って、Cubeで印刷に慣れた人、そしてまだまだ印刷を精力的に続けたい人は、Cubeを離れ、上記機種に変更した方がよいと思われます。(Cubeは共用使用物として寄付してしまってもよいかもしれません)。

なぜpp3dp,Afiniaが良いかという理由は明らかで、
1.樹脂のコストが低い。純正品で7000円弱、サードパーティ用で3000円/キロ程度。
2.サポートの配置アルゴリズムが絶妙で、Cubeと違い分子表面模型はデータの分割もいらない。一括で印刷できる。リボンモデルも成功率が非常に高い。
3.印刷精度が圧倒的に高い。
4.Perfboard(穴あき基板)使用のために、樹脂の基板への張り付き方が良好で、ABS樹脂使用時の反りがかなり抑えられる。
といった優れた点を持っています。

さすが、アメリカのDIY雑誌「Make」で厳しい性能比較コンテストで見事2年連続受賞しているこの2機種(実は同じ機種で、アメリカでのpp3dpのOEMがAfiniaです)、分子模型作成でも威力を発揮してくれそうです。

Cubeの時に書いた、カプトンテープやアセトンジュースも必要ありません。単に付属のPerfboardを用いるだけで、
ほとんどのABS樹脂の反りを回避できると思います(密な、大きい模型は少し注意が必要です)
  1. 2013/12/24(火) 16:19:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<現在の問題点。 | ホーム | ポリゴンエラーについて。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://handsonmolecularbiol.blog.fc2.com/tb.php/35-1324cded
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Masaru

Author:Masaru
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (41)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。