FC2ブログ

ラボでやろう。

分子模型は直観的に構造を理解することに有用です。複雑な構造を持ったタンパク質の分子模型を手軽に印刷し、研究に役立てる日が来ることを目指してブログを開始しました。※2013年9月現在、ほぼその製法を確立出来つつあります。もし自分の研究室でも、と考えていらっしゃる方は、まず川上までご連絡ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ABSかPLAか。

Cube第二世代は両樹脂が使えるそうです。
私は初代Cubeを使っていたのでABSだけでしたが、3DTouchという機種でPLAを使った経験は少しだけあります。

ABSとPLAの違いは、

ABSは基本プラモデルと同じような丈夫さを持った素材で、
溶剤に溶け、
パテや接着剤が乗りやすい、
カッターやヤスリがけもしやすい、
印刷では収縮が大きいので、対策をしないと大きめの造形は難しい
しかし(熱い)カプトンテープ面につきやすく、アセトン法も効くので、それほど困ったことは有りません。

PLAは独特で、硬いのですが、同時に粘っこさも持っていて、
印刷では反りが少ないようですが、第一層が付かなくて良く失敗していました。
マスキングテープが良いと言われていますが、時々まったくつかずに大失敗することが有りました。
ヤスリがけもしにくく、塗料や接着剤の乗りも悪い、カッターなどの工具も
使いにくいと、印刷後の処理に困る素材だという印象です。

ガンプラで育った私は断然ABS樹脂派です。

それから、リボンモデルに関しては、PLAでは細いループ部が力を加えると歪んでしまう恐れがあるので
ABSを使った方が良いと思います。というか、サポートから剥がすのに、PLAでは力を加えないと
切れなさそうなので、細いリボンモデルを取り出すのは難しいのではないでしょうか。

  1. 2013/07/30(火) 21:36:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<分子表面の模型データ作り。 | ホーム | 糊、カプトンテープ、アセトン。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://handsonmolecularbiol.blog.fc2.com/tb.php/20-8f5b54cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Masaru

Author:Masaru
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (41)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。