FC2ブログ

ラボでやろう。

分子模型は直観的に構造を理解することに有用です。複雑な構造を持ったタンパク質の分子模型を手軽に印刷し、研究に役立てる日が来ることを目指してブログを開始しました。※2013年9月現在、ほぼその製法を確立出来つつあります。もし自分の研究室でも、と考えていらっしゃる方は、まず川上までご連絡ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

現在までの状況その1

3DCubeの事を知ったのは、今年の初めくらいでしょうか。昨年から、卓上3Dプリンタがアメリカで
話題になっている事は知っていましたが、まだまだベンチャー臭があり、怖くて試すことをためらっていました。
しかしCubeが発表され、その概観、実際に動いている動画(Youtube)を見て、さらに、HPの完成度を見て、
これならプリンタを思い切って購入しても、なんとかなるのではないか。と思いました。

そして4月に3Dsystem社はHPにて予約販売を開始しました。私はシリコーン樹脂模型(以下やわらか模型)の
プロジェクトがひと段落した事も有り(このころは論文を持っていろんな雑誌社に投稿してはリジェクトを
食らうプロセスを繰り返していました)、新しく、この手軽に模型を作製できる(かもしれない)プリンタに
期待を寄せ、4月の末に購入予約を入れることにしました。

・・・さて、まてどくらせど、プリンタの出荷の連絡は来ません。問い合わせのメールにも、「注文が
殺到してて、対応で大変だよ!でも7月末までには何とかしたいと思ってるよ!」の返事がありました。
7月末まで待っても来ません。その頃ちょうどやわらか模型の論文がアクセプトされたり、プレスリリース
されたり、Gigazineの取材などで忙しかったので、正直来なくて正解だったかもしれません。

そして8月30日、とうとう出荷しましたのメールが来ました。
開封の様子、試し印刷などは、すでに他の方のレポートが有りますので、そちらを参考にしてください。

Cubify Cube 3D pritnerを買いました
Cubify Cube 3D Printer 購入開封初出力記

私の所でも、なんの問題もなく、試し刷り(rook)が印刷できました。
印刷時間は2時間弱かかりましたが、これだけの造形を、いとも簡単にこなすこのプリンタは「凄い」と
感動しました。
  1. 2012/09/13(木) 18:08:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<現在までの状況その2 | ホーム | ラボでやろう>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://handsonmolecularbiol.blog.fc2.com/tb.php/2-916c681a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Masaru

Author:Masaru
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (41)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。