FC2ブログ

ラボでやろう。

分子模型は直観的に構造を理解することに有用です。複雑な構造を持ったタンパク質の分子模型を手軽に印刷し、研究に役立てる日が来ることを目指してブログを開始しました。※2013年9月現在、ほぼその製法を確立出来つつあります。もし自分の研究室でも、と考えていらっしゃる方は、まず川上までご連絡ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

STLの加工

netdfabbを用いてstlの大きさを変えることもできます。もちろんCube Clientなどのソフトにインポート後もscaleで変更は出来ますが、インターカルチャーの見積もりサイトはULしたSTLをそのまま使用するので、あらかじめ大きさを決めておく必要が有ります。
スポンサーサイト
  1. 2013/02/21(木) 18:07:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

備忘録代わりに。

 そういえば以前chimeraしかSTL吐き出しに対応していないと言いましたが、PymolやmolmolでVRML2(拡張子.wrl)のデータを出力後、無料ソフトを用いてSTLに変換できる事が分かりましたので書いておきます。MeshLabでvrmlをひらき、[export mesh as]メニューでstlに変換できます。
 また、データを分割したいときには、netfabbというソフトが使えます。あらかじめ割りたい方向に分子を向けてからSTLに保存しておき、これをnetfabbで開きます。x,y,z軸に沿って任意の高さの断面で分割できるので、分割後、それぞれのパーツをSTLで保存できます。これで分子表面のデータも、上下分割して印刷してオーバーハング部分を極力減らし、つるっとした分割面同士を後で貼り合わせれば、綺麗な分子表面模型が出来あがります。
  1. 2013/02/21(木) 18:01:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春から別の場所へ移行します。

さて殆ど記事を書き進めない(怠けていた)間に、このプロジェクトは新学術領域に編入され、春から本格的に進めることになりました。それに先立ち、この「ラボでやろう」のブログも、別の場所へ移動、記事としては、製作のノウハウを伝え、さらに同じサイト内で、私が製作し、3Dプリンタで動作確認(印刷が首尾よくでき、取り出しもうまくいった)出来たSTLデータを配布できるような形にしたいと思います。現在どういう形式が良いのか思案中です。
  1. 2013/02/21(木) 17:49:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Masaru

Author:Masaru
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (41)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。